スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国がレアアース生産制限…日本、調達減る恐れ

 中国政府が、ハイテク製品に不可欠なレアアース(希土類)の生産制限を強めていることが28日、分かった。

 採掘・精錬を行っている中国企業に、政府の生産計画の順守を徹底させる。中国のレアアース生産量は現在、計画を3~4割上回っている。生産制限の結果、日本企業の調達量が減る可能性が高く、日本政府は警戒している。

 経済産業省によると、中国政府の2010年のレアアース生産計画は8万9200トンだが、生産量は3~4割多い12万~13万トンと推定される。中国のレアアース生産量は世界の97%を占め日本も10年の輸入量の82%を中国に依存している。

 中国政府は生産計画を守らせるため、各生産企業に対し立ち入り検査を行う方針を通知している。計画を超えた生産が発覚した企業には、生産停止や設備没収などの処分を行う方針だ。中国政府は「戦略物資」であるレアアースの生産管理を強めることで、価格を高止まりさせる狙いがあるとみられる。生産体制を縮小した企業も出ている。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。