スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYダウ、前日比172ドル安と大幅続落

 【ニューヨーク=小谷野太郎】19日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)は前日比172・93ドル安の1万817・65ドルと大幅続落で取引を終えた。

 ハイテク銘柄が中心のナスダック店頭市場の総合指数は同38・59ポイント安の2341・84と4日続落した。

 ユーロ圏の財政不安で、欧州市場の株価が軒並み下げた影響で、米国市場でも売られた。前日下落した反動で割安感の出た銘柄が買われ、ダウは一時、95ドル超上昇する場面もあった。ただ、米景気の先行き懸念も根強く、その後はリスク回避の売りが膨らみ、逆に約190ドル安まで下げるなど、荒い値動きとなった。前日、パソコン事業の分離方針を発表した米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)の株価が約2割下げ、相場全体を押し下げた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。