FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大規模災害時の支援計画策定へ=中西地銀協会長インタビュー

 全国地方銀行協会の中西勝則会長(静岡銀行頭取)が5日までにインタビューに応じ、大規模災害が発生した際に、被災した地方銀行を加盟行全体で支援する計画を来年6月までに策定する方針を明らかにした。同会長は東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島、茨城各県を7月下旬に訪問しており、訪問先の地銀の意見などを計画に反映させる考えだ。
 今回の震災では全国の加盟行から被災行にさまざまな支援物資が送られた。しかし、中西会長は、被災行が必要とする物資は日ごとに変化し、十分対応できなかったと指摘。こうした反省を生かし、計画では「今、何が必要で、何を送ることができるかという情報網を整備したい」と語った。また、東海地震を想定した静岡銀のリスク管理も計画に反映させるという。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。