スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月末で7兆円規模=3メガバンクの米国債保有額

 三菱UFJフィナンシャル・グループなど日本の3メガバンクが保有する米国債が、6月末時点で合計7兆1000億円程度に達することが29日、明らかになった。米議会では、連邦債務の上限引き上げに向けた与野党交渉が行き詰まっており、米国債は格下げや信用力低下に伴う価格下落が懸念されている。
 保有額の内訳は、三菱UFJが約3兆7000億円、みずほフィナンシャルグループ(傘下行合算)が約2兆円、三井住友銀行が1兆4000億円弱。米国債が大幅に下落すれば、多額の損失が生じる可能性もある。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。