FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウ平均続落1万2592ドル…金は最高値

 【ニューヨーク=小谷野太郎】25日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)は前週末比88・36ドル安の1万2592・80ドルと続落した。

 ハイテク銘柄が中心のナスダック店頭市場の総合指数は同16・03ポイント安の2842・80と3営業日ぶりに反落した。

 米連邦政府の総債務残高の上限引き上げ問題で、オバマ米大統領と与野党の財政再建協議が難航している。8月2日の期限までに合意できず、米国債の利払いができないデフォルト(債務不履行)に陥るとの警戒感から、売りが膨らんだ。ダウの下げ幅は一時、144ドルを超えた。ただ、好決算企業など一部の銘柄が買い戻され、下げ幅を縮小した。

 金先物市場では、安全資産の金が買われた。8月渡し価格は前日24日の時間外取引で一時、1トロイ・オンス(約31グラム)=1624・30ドルまで上昇し、史上最高値を更新した。25日の終値は前週末比10・70ドル高の1トロイ・オンス=1612・20ドルと続伸し、終値の最高値を更新した。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。